薄毛、抜け毛の原因を調べてみました。

2010.01.23 Saturday

0
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
    にほんブログ村
     私は幸い?髪の毛は白髪は徐々に増えてきましたが、
    薄毛抜け毛で悩んでいることはありません。

    最近私の友人などが薄毛になり、とうとうきたかとショックを
    受けております。

    中には30代半ばではげてしまった友人もいます。
    当の本人はオヤジがハゲているから遺伝だからしかたない
    とあきらめていました。

    なぜ人によって髪の毛が抜ける人と抜けない人にわかれるのでしょうか?

    余計なお世話かもしれませんが、インターネットで調べてみました。

    1、遺伝的な薄毛、抜け毛

    昔からこれが一番ポピュラーな原因の第一にあげられます。
    遺伝的に男性ホルモンの分泌量が多いほど抜け毛薄毛も多いということ。
    祖父や父親がはげていると遺伝するのは事実のようです。
    男性ホルモンのテストステロンに影響され、髪の成長を抑制し、早く抜けてしまうのが
    原因と言われています。


    2、ストレスが原因による薄毛、抜け毛

    ストレスも薄毛抜け毛の原因です。
    ストレスによる代謝の異常やストレスによって筋肉が収縮して血管が細くなり毛根部に
    栄養分が十分運ばれなくなり、髪が育たなくなるなどいろいろな説がありますが、
    現時点ではどのような仕組みで起きているのかはっきりとはわかっていません。
    特に円形脱毛症の一番の原因はストレスだと言われています。
    ストレスを抱えることの多い現代社会では急激に増えているようです。


    3、不適切なヘアケアが原因による薄毛、抜け毛

    洗わないで不潔にしていることはもちろんですが、逆に朝晩のシャンプーなどの
    過度の洗髪によって頭皮を痛めることも薄毛抜け毛の原因になります。
    また、パーマやヘアダイ、ドライヤーの使いすぎも頭皮や髪を傷め薄毛・抜け毛を促進
    する場合があります。
    毎日シャンプーをしてもシャンプーの十分なすすぎを行なわないと薄毛・抜け毛に
    つながることがあります。


    4、紫外線が原因による薄毛、抜け毛

    髪の毛のキューティクルは紫外線によるダメージを受けやすく、髪を長時間紫外線を浴び続けることも、薄毛・抜け毛の原因と考えられます。


    5、冷え性が原因による薄毛、抜け毛

    最近は女性の薄毛になっている方をみかけることもありますが、冷え性による血行障害が
    薄毛・抜け毛の原因になっている場合があります。


    6、過度な喫煙や飲酒が原因による薄毛、抜け毛

    タバコのニコチンは血管を収縮させる働きがあり、脱毛を促進することから
    薄毛・抜け毛の原因と考えられています。
     
    アルコールも適量なら血行を促進し、毛母細胞を活性化する効果も期待できますが、
    過度の飲酒は肝臓に負担をかけ、髪への栄養素供給の妨げとなり、薄毛・抜け毛の原因に
    なります。





    などなどこれ以外にもいろんな原因による薄毛、抜け毛があるようですが代表的な
    ものを書いてみました。

    原因だけあげて、解決策がないというのもなんですからひとつだけ調べてみました。

    最新研究によると、カプサイシンと大豆イソフラボンを同時に摂取することで、毛髪の
    成長期が延長し、薄毛に悩む男女の80%に改善傾向が見られたそうです。
    これは、カプサイシンの血行促進効果とイソフラボンの女性ホルモンを助ける効果に
    よるものだと考えられています。
    カプサイシンとイソフラボンを同時に摂ると、IGF-1と呼ばれる物質が弱った毛乳頭を
    活性化。抜け毛を防いだり毛髪の成長を促進してくれるそうです。
    毎日大豆と唐辛子を組み合わせた料理を食べると良いそうです。


    薬用凌駕 (薬用リョウガ、アランテ2)【へるぴぃ〜healthy&peace〜】

    薬用凌駕(薬用リョウガアランテ2)



    スポンサーサイト

    2019.06.04 Tuesday

    0
      にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
      にほんブログ村